シェアハウス生活

20代の社会人にとって平均的な家賃は6万円ほどと言われています。地域によって差はありますが、首都圏では7~8万円、関西地方では5~6万円、東海地方では5~6万円の家賃がかかるのが相場です。さらにこれに光熱費・食費・通信費・服やアクセサリー・趣味への投資・交際費などたくさんの費用が掛かってきてしまいますよね。一か月に15万円ほどは生活費がかかるというのが社会人です。

シェアハウスをすることによってこれらの金額を抑えることができるので、これからの為に貯金をしたいという人にもぴったりです。金の切れ目は縁の切れ目という言葉がありますが、同居人とのルールはきっちりと決めておくようにしましょう。例えば、光熱費は隔月なのかきっちり半分なのか。料理や洗濯、掃除は個人でやるのか。などどんなに小さいことでもルールを決めておくべきです。お金の話になった場合が一番のトラブルの原因になってしまいますよね。

プライベートが確保されながらも、誰かと生活を共にすることでだらけきった生活をすることも無くなりちょうどいい緊張感の中で生活をすることができます。一人じゃないという安心感を感じながら、楽しいシェアハウス生活を送ってみてはいかがでしょうか?

生活のメリット

シェアハウスの生活は、経験したことがなければイメージしにくいかもしれませんが、意外と楽しいことが多くあります。まず、たくさんの人と出会えるので小さくなった自分の人間関係もまた広げることができるかもしれません。女性専用フロアのあるシェアハウスですと、女性同士でしか出来ない会話で盛り上がったり、毎日が女子会のように楽しむこともできるでしょう。また、シェアできるのは家具や生活スペースだけではありません。料理やお菓子を作りすぎてしまったら、分けたり分けてもらったりすることも可能になります。女性が多ければたくさんの情報共有もでき、おいしい料理の作り方やおしゃれなお店などの情報もたくさん知ることができるかもしれませんね。このように有益な情報を交換することもできるでしょう。

共用部分がある面では、プライベートなスペースが多く取れることになります。キッチンが離れているのなら自分の部屋に匂いがつくこともありませんし、自分の部屋が広く感じることができればインテリアや仕事のスペースにもこだわることができますよね。

風邪などを引いた時や、苦手な虫が出たときなども身近に人がいれば助け合うことができます。「一人じゃない」ということを感じられることは、今の現代においてとても大切なことといえるのではないでしょうか。

女性専用フロア

シェアハウスと言っても他人と暮らしていかなければならない訳ですから、人間関係や男女間での不安がある方もいらっしゃいませんか?最近のシェアハウスには女性専用フロアがあるものがあります!女性専用フロアなら、独特の男くさい匂いや、汚れ、食べ残しなどにも抵抗がある方も安心して生活することができますよね。また女性のみというところから、恋愛でのいざこざがないこともストレス無しの生活にはかかせないものです。

内装や家具もかわいいものをそろえているところがほとんどなのでインテリアが好きなお洒落さんや、綺麗好きの方、落ち着いた雰囲気の中で生活したい人にも嬉しいですよね。また、仕事で疲れた時でもいつでも女子会のようなものができるので気分転換にもなります。職場にいないメンバーとの楽しいひと時は女の人にとって大切な時間にもなります。新しい友達ができたと思って素敵な生活を想像してみてください。

シェアハウスが気になった人は、ぜひ一度物件に足を運んでみて住んでいる住人や近所の店、内装などをチェックしてみるのはいかがでしょうか?事前に様子を見ることによって、自分が本当にここで生活していくことができるのかを確認してみるべきです。ホームページなどのネットの情報ではイメージできなかった新しい発見があるかもしれません。

気になるシェアハウス事情

最近はドラマや映画でもシェアハウスをする場面が多くみられるようになってきました。都内でも多くのシェアハウス専用の物件を見ることができます。シェアハウスというと友達や親せきなどとの共同生活をイメージするかもしれませんが、中には全く知らない他人とのシェアハウスもとても多く存在します。そもそもシェアハウスをするメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか?

まず、普通の賃貸のマンションやアパートを借りるときには敷金・礼金というものがかかってしまいますよね。これがシェアハウスだととても安く済ませることができるんです。自分一人だけで部屋を借りるわけではないので当たり前ですよね。また中には前家賃や保証金のみという物件も多く見ることができます。例えば、家賃が9万円の家の場合は敷金礼金だけでも18万円の初期費用が掛かってしまいます。しかしこれが免除されるところだと、いきなり18万円の節約が可能になるのです。

もう一つのメリットとして、家具家電を買いそろえる必要がなくなります。一緒に住むパートナーと共用で使用するものなので自分一人だけで買う必要がないのです。引っ越しをするとなると高い費用が掛かってしまう家具家電も買わなくていいとなるとこれも、一気に節約をすることができますよね!また、インターネット使用のサービスや水道・ガス・電気といった公共料金も一緒にシェアすることによって一人で暮らすよりもかなり安くなりますよね。シェアハウスは貯金をしたい人にとってもいいことがたくさんあります。